2010年09月16日

備前焼ギャラリー古民家にて(松井宏之)

いつも相生らじおをお聞きいただきましてありがとうございます。

今日はテキストと画像による情報です


先の記事「備前焼陶芸家 松井宏之」にてお伝えいたしておりました古民家ギャラリーに9月10日に行ってまいりました。

私たちの小さなころ田舎に行けばこのような家がいっぱいありました。
じいさんばあさんが迎えてくれそうなそんな古民家ギャラリーです。
なんか懐かしいなぁ。

さて、備前焼というのはこの古民家にしっくりと合います。



では早速画像で

touki-0s.jpg

touki-00s.jpg

陶芸に疎い私のことウキペディアで備前焼を調べますと結構な歴史と特徴のある陶器です。
なるほど・・・・、
私の知っている備前焼は胡麻(ごま)桟切(さんぎり)などの窯変(ようへん)のある陶器のことでした。
ところがそれだけではないいんですね。

以下に紹介する緋襷(ひだすき)や牡丹餅(ぼたもち)なんかもあるんです。

詳しくはウキペディア備前焼

touki-02s.jpg

touki-04s.jpg

以下の備前焼は海から見た夕陽を感じさせてくれました。
芸術作品ですね
touki-07s.jpg

touki-06s.jpg


こんなに可愛いのもあるんです
touki-05s.jpg




窯出ギャラリーとして9月10日(金)〜14日(火)に開催されました。
以降もギャラリーは継続されますが電話にてご一報くださいますようお願いします。
ご来場いただける日時はその時にでもご相談ください。

松井宏之
相生市若狭野町 
電話: 0791-24-8383

by aioi joe
【関連する記事】
posted by hanako at 00:38| Comment(0) | 備前焼陶芸家 松井宏之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。